ブロックチェーンと保険

Risk Cooperative

ブロックチェーンテクノロジー企業のBitfury GroupはワシントンD.C.の保険アドバイザーであるRisk Cooperativeと提携しました。同契約は、600億ドルとも言われる保険仲介市場における先駆的なブロックチェーンを使ったアプリケーションの開発に焦点を当てています。

Risk Cooperativeは、保険会社におけるブロックチェーンの採用を業界の中で最も早くやりたいという狙いがあると見られています。

まだ決して実現したわけでは何ですが、Bitfuryの戦略的なリーダーシップをうまく活用して前に進んでいきます。

Dante Disparte

Dante Disparte

Risk Cooperative 創業者兼CEO

BitfuryとRisk Cooperativeのパートナーシップは、Bitfuryの幅広い分野でのブロックチェーンアプリケーションの設計・実装におけるノウハウと、Risk Cooperativeの包括的な保険プレースメントプラットフォームと世界有数の保険会社との提携モデルを活用し、ブロックチェーンソリューションを促進します。

保険業界は年間保険料が総額5.5兆ドルを超える巨大な規模にも関わらず、過小保険はよくある話です。これらは既存の保険会社を支配するレガシーシステムとテクノロジーによって引き起こされていると考えています。

BitfuryとRisk Cooperativeのパートナーシップの主な特質は、Exonumフレームワークに基づく包括的なソリューションを実装することで、信頼性、透明性、効率性、セキュリティを強化することです。

BitfuryとRisk Cooperativeは両者ともに、「ブロックチェーンは、保険会社のリスク、顧客の近接性と信頼性を向上させるための基盤技術である」と考えています。

さらに、このパートナーシップは、双方の業界ですでに経験のある企業が、実装パートナーおよびアドバイザーとして機能することにより、組織的および文化的な懸念があまり問題になることなくブロックチェーンの導入が可能であると考えています。

次の使用例をみる