ブロックチェーンを用いた土地登録システム

ジョージア共和国の公的機関での導入

ブロックチェーンを使用することで、ジョージア国立公的機関(NAPR)は市民にBitcoinブロックチェーン上でサポートされているデジタル証明書を提供することができます。

このプロジェクトのゴールは、市民と政府間の業務を可視化し透明性を高めることで安全性のあるシステムを開発することです。

NAPR Exonum blockchain stats

私たちの挑戦

ブロックチェーンを導入することで得られる効果的なメリットは以下のものです:

  • システムの全体的な透明性の向上
  • フォールトトレラント
  • 市民が監視できる安全性

内部データの偽造防止に関しての可能性も模索しています。

既存の政府システムをブロックチェーンに移行するこのプロジェクトは、財産登録をより透明性と安全性のあるものにし、最終的に全ての人に経済的機会を提供することになるでしょう。

Hernando de Soto

Hernando de Soto

経済学者
Institute for Liberty and Democracy 創設者

Bitfuryは現在実施検証をしているExonumフレームワークを使用して、既存の公有地登録の上に対しての分散タイムスタンプを実装しました。これにより、実際に以下のような成果が示されています:

  • 納期が1-3営業日だったものが数秒に短縮
  • オペレーションコストの最大90%削減
  • リアルタイム監査機能の有効化

このプロジェクトのサブテーマはジョージア政府に最先端のブロックチェーン技術をとそれによってもたらされるアプリケーションの導入を教育することでした。この事例は、ジョージア共和国のためにブロックチェーンのエコシステムを確立するようにBitfuryに求めたジョージア大使館の支援にも繋がっています。

結果と今後の計画

ジョージア政府によるブロックチェーンを使った土地登録の導入は、ブロックチェーンの活用のための初めの一歩にすぎません。この技術はジョージア共和国の国家登録簿にも導入される予定です。

このプロジェクトは、物件の売買、オーナー利権の譲渡などスマートコントラクトの利点を使えるより多くの機能を実装していくために前に進んでいきます。

次の使用例をみる