トップスキップ

概要

Exonumはブロックチェーンプロジェクトのための拡張可能なフレームワークです

Exonumはブロックチェーンの分散型という特徴を使った安全で信頼性の高いアプリケーションを構築する機会を提供します。これにより会社または政府機関が、個別または認可されたブロックチェーンを構築し、問題が解決できるように設計されています。

Exonumは監査機能・安全性・透明性というブロックチェーンの利点を全て使うことが可能です。

ブロックチェーンの未来はここにあり、その名前はExonumです。

Exonum. Your next step to blockchain
Exonum. Your next step to blockchain

BFT アルゴリズム

BFTアルゴリズムを用いることで、一箇所によるエラーやノードクラッシュ、誤動作を防ぎます。

ライトクライアント

受信した全ての情報はExonum側からのサポートを受けクライアント側で検証され、MitM攻撃からクライアントを守ります。

アンカー

Bitocoinネットワークにデータをアンカーすることにより、そのブロックチェーンのセキュリティ性を活用して、Exonumのデータ改ざん等から守ります。

Rust

最高レベルのセキュリティやパフォーマンス・平行性を実現するために、Rustというプログラミング言語を使用しています。

私たちのチーム情報

Exonumは、Bitfuryグループによって開発・サポートが行われています。Bitfuryに所属する数学者・科学者・ソフトウエア開発者・アナリストなどの専門性のある人々と共に、広範囲に渡る研究とテストの結果、この独自のプラットフォームを作り、サポートしています。

仕組み

Exonum Blockchain

Blockchain

ブロックチェーンは単一の場所に情報が格納されるのではなく分散化されたデータベースです。有向非巡回グラフであるため、トランザクションの履歴が暗号化され保証されています。

ブロックチェーンはパブリック・プライベートネットワークどちらでも有効です。違いは基本的に特定のネットワークに接続されているか否かなので、ブロックをチェーン書き込むこともできます。Exonumはそのどちらのケースにも対応しています。

分散型

ブロックチェーンは分散型なので、単一点に負担がかかりすぎた結果の障害などが問題になりません。

不変性

全てのトランザクション履歴は、分散されたブロックチェーン上で管理され、それらをいつでも見ることができ、また履歴の書き換えや削除はできません。

暗号化

Exonumブロックチェーンに保存される情報は全て暗号化されます。そのためデータが改ざんされたり、不正に変更されることはありません。

Exonum合意形成(コンセンサス)

合意形成(コンセンサス)

ExonumはByzantineのコンセンサスアルゴリズムを用いることで、外部からの攻撃に影響を受けやすい状況であっても、あなたのデータを安全に守ります。

このアルゴリズムにより外部から不正なデータを追加したり、履歴を変更することが非常に困難になります。分散化されたノードの1部分が危険な状態になっても、セキュリティプロパティを活用し、新しいブロックが追加されるたびにアップデートを行うことでデータを安全に保護します。導入しているアルゴリズムによりExonumブロックチェーンは毎秒最大5,000トランザクション処理が可能で、カスタムケースの場合は最大15.000TPSの処理もできます。

詳細を見る

パフォーマンス

Exonumブロックチェーンは最大毎秒5000回のトランザクションが可能で、カスタムされた状況では最大15.000TPSの処理が可能です。

復元力

Exonumブロックチェーンは、ブロックチェーンネットワーク内のノードが全体のうち最大1/3オフラインであったり、障害があっても機能することが可能です。

安全性

ワーストケースとして、全てのブロックチェーンノードが侵害される状況も考えられますが、外部者がセキュリティプロパティにアクセスすることはできません。

Exonumアンカリング

アンカリング

アンカリングとはシステム状況(ハッシュ)をパブリックソースに保存するプロセスです。これによりExonumブロックチェーンの管理者を無条件で信頼することがなくなり、同時に機密データと完全に非公開にすることができます。

Exonumにはビットコインブロックチェーンのアンカリングが組み込まれているので、Exonumブロックチェーンに攻撃する際は、実質ビットコインネットワーク全体を攻撃するのに匹敵するコストがかかることになります。

もっと見る

セキュリティ

ビットコインブロックチェーンはExonumが扱うデータに安定して高いレベルのセキュリティを提供します。

トランザクション履歴

Exonumベースブロックチェーンユーザーは別箇所でデータの変更や不正な操作があった場合すぐに反応し、セキュリティを自動的に復元します。

不変性

アンカリングの決定は、バリデータの合意が必要不可欠で、その決定は不可逆的であり、一箇所の障害をカバーすることが可能です。

Exonum軽量クライアント

軽量クライアント

Exonumを使用した方が、初めからブロックチェーンベースのソリューションソフトエアを構築して使用するよりも簡単です。コード全体のライブラリとは別に、ブロックチェーンの管理にも使用できるクライアント側のソフトウェアをオープンソースとして解放しています。またExonumブロックチェーンは全てのノードに接続、データ要求・トランザクション履歴の送信が可能で、様々なデバイスで世界中のどこからでも暗証番号を確認できるJavaScriptベースの軽量クライアントを利用できます。この軽量クライアントは、ブロックチェーンの一定の追跡情報へのアクセスも可能です。

詳細を見る

データの正当性

クライアント側のデータ検証は、不当なMitM攻撃やクライアントが通信するときにノードが完全に侵害された場合に行われます。

クロスプラットフォーム

JavaScriptを使用しているので、ブラウザ・デスクトップ・モバイル環境に対しての開発が容易になります。

Exonum Rust

Rust(プログラム)

ExonumはRustというデータを扱うことができるプログラミング言語をベースに開発されています。C++に似ているものですが、プログラミングにおいて問題になることが多い、メモリ管理に重点をおいたプログラミング言語です。Rustは現在JavaやGoよりも高速な言語と言われており、今もなお改善が続けられています。

安全性

Rustは実行時の安全を保証するために、関数型のプログラミング言語的な特徴である強力なコード解析とタイプシステムを使用しています。

RustはC, C++とともに高速なプログラミング言語の一つとして数えられており、CPUやメモリ等の使用についても対応が可能です。

リソース

使用例

Exonum分散型タイムスタンプ

分散型タイムスタンプ

Exonumは信頼性の高いタイムスタンプを発行することにより、ドキュメントの信頼性を証明する新しい方法を提案します。各ドキュメントはExonumブロックチェーンに保存されるデジタル化された指紋を保持し、特定の点におけるドキュメントの存在と安全性を検証します。公式証明書やクーポン等がExonumプラットフォームで偽装や不正から保護されるものの例です。

デモをみる
Exonumサプライチェーン

サプライチェーン

管理者が違うシステム間で、モノがある地点から違う地点に無数に移動する現代では、そのモノの特定の瞬間における状況・状態を把握するのが困難になります。そこでブロックチェーンを使用することで、そのネットワークにあるもの全てに情報を付与することができ、障害を解決することができます。Exonumフレームワークはそのビジネスロジックを管理して、全ての関係者が正しい情報にアクセスできるシステムの確立に役に立ちます。

Exonumデジタル著作権管理

デジタル著作権管理

大手出版社は権利管理を一括して指示しているケースが多く、多くの仲介業者がその間に入ってやり取りを行うため、アーティストにはわずかな著作権収入しか入らないことが多いです。Exonumは全ての関係者が1つのルールを考慮していることを確認できる自動化プラットフォームの構築を手伝います。強力なスマートコントラクトを導入し、透明性のあるマネーフロー操作システムの構築が可能です。

デモをみる
Exonum P2P 融資

P2P 融資

P2P融資では煩雑なKYC/AML(本人確認・マネーロンダリング対策)、リスクスコアリング可視化により、「ハイリスクーハイリターン」な投資が可能です。ブロックチェーンは価値連鎖に非常に肯定的な影響を与え、その技術により、かつてない取引の透明性をもたらします。Exonumではリアルタイムでの監査の実行が可能です。

Exonum電子投票

電子投票

既存の電子投票は、中央集権なしでは機能することができず、投票のセキュリティを完全には保証することができません。ブロックチェーンはそれらを完全に解決し、全ての投票者に投票プロセスを可視化/安全性を保証することができます。Exonumのモジュラアーキテクチャにより機密データを保護しながら、これまでになかった投票の透明性を実現します。

デモをみる
Exonum電子オークション

電子オークション

既存のオークションは、その集中化された性質を利用し、システム管理者が一部の参加者に不利益をもたらすことが可能になってしまいます。すると、一般ユーザーにも不信感が充満しシステムそのものがうまく動作しない可能性も出てきます。Exonumスマートコントラクトシステムはプロセスとデータの安全性のためにビジネスロジックの使用を強制することができます。

Exonum行政向けシステム

行政向けシステム

Exonumブロックチェーンでは市民と行政間での全く新しいシステムの開発も可能です。個人記録を安全に保ち、市民が自分の資産を安全に管理できるようになります。

デモをみる

Exonumの活用方法についてアイデアはありますか?

教えてください

プロポーザルを送る

ニュースレターを受け取る

重要で興味深いニュースのみを通知いたします。また1週間に1度以上の頻度での送信はいたしません。